2013年6月アーカイブ

2013年6月 3日

脱毛ラインの特徴について

どうして、Vライン、Iライン、Oラインといったデリケートゾーンの脱毛をするものなのでしょう。体の正面から見た時のデリケートゾーンと下着の間がVラインとなります。Iラインは下着の内側と外側、Oラインは下着の内側です。IラインとVラインの脱毛をきちんとしておけば、水着や下着からヘアーが覗くことがなくなります。

水着の位置を確認したり、心配したりすることなく水着が楽しめるようなります。人前で着替えの必要があった場合でも、きまりの悪い思いをすることもないでしょう。IラインとOラインの脱毛をしっかりしておくことで、生理中にデリケートゾーンが蒸れてしまう心配が減ります。基本的に、VラインやIラインが人目にさらされることは滅多にありません。ワキや腕や足などに比べたら必然性は高くはないようですが、おりものなどの不快なにおいを感じにくくなるという人もいるようです。

メンタル的な部分では、脇毛や腕毛等よりもずっとあるという感じ方もあるでしょう。脱毛する範囲については、事前に相談することができるようです。Vライン、Iライン、Oラインそれぞれどこまでの範囲の脱毛を行っているかはエステサロンによっても差がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

脱毛ラインの種類について

este482.jpg

体の脱毛は色々な部位がありますが、Vライン、Oライン、Iラインもその1つです。VラインのVは、ビキニラインのVでもあるようです。ビキニの水着や下着を着用しても覆われないアンダーヘア部分を脱毛することを言います。Vラインよりさらに奧、女性器の周辺まで脱毛する必要がある場合、その部分のことを指してIラインという言い方をします。

Oライン脱毛は、直接的な言い方をすれば、肛門周りの脱毛のことを言います。肌が敏感なVライン、Iライン、Oラインの脱毛を肌を傷めずに行うのは、難しいものがあります。自己処理しているという人は、毎回困難なことをしていると感じていることでしょう。羞恥心が強く、人に脱毛をしてもらうのは耐えられないと自分でやる人も多いようです。費用もかからないのはいいのですが、見えない部分の脱毛はできませんし、肌は荒れてしまいなかなかうまくはいかないものです。

OラインやIライン、Vライン脱毛をしたいという場合は、脱毛技術を持つ専門家にゆだねる方が安心できると考えられます。エステサロンには、3つのラインの脱毛の専用コースが設定されているところがあります。エステによっては、1つのラインだけの脱毛をするのではなく、それぞれのラインの脱毛をひとまとめにしてコース設定しているところもあります。

アイテム

  • este482.jpg